• 公共

マルチペイメントネットワーク収納機関共同利用センター

マルチペイメントネットワーク(Pay-easy)を利用した電子収納の実現と収納事務の効率化をご支援します。地方公共団体以外の民間企業のお客様のご要望にもお応えいたしますので、気軽にお問い合わせください。

サービスの概要

画像を押すと拡大します

導入のメリット

納付者の利便性向上

  • パソコン・携帯電話・ATMにより、自宅・外出先を問わず、料金・税金等の納付可能。
  • 24時間、土日祝日も納付可能。
  • 電子申請と同様にインターネット等で納付可能。

収納事務の効率化

  • 電子的な納入済み通知を使って消込が可能。
  • 納付結果を即座に把握でき、無駄・トラブルを軽減できる。
  • 延滞金の自動計算で正確な収納が可能。
  • 納付の翌営業日に収納額がわかるので資金計画が立てやすい。

導入・運用コストの削減

  • 自己導入に比べ、少ない投資でマルチペイメントネットワーク(電子納品サービス)の導入・運用が可能。
  • 短期間でのマルチペイメントネットワークサービスの利用が可能。
  • 運用監視は弊社マルチペイメントネットワーク収納機関共同利用センター側で一括実施。
  • 独自のニーズには個別対応。

特徴

  • さいたまiDCを基盤とした万全のセキュリティ対策と運用監視体制を実現。
  • 地方公共団体とのデータ授受については、LGWAN・専用線・デリバリ(バッチ)の各方式に対応。
  • 基幹システム連携に関わる個別ニーズに柔軟な対応が可能。
  • 窓口・口座振替・コンビニといった他の収納チャネルとのデータ統合が可能(統合収納ソリューション)

資料ダウンロード

MPN収納機関共同利用センター パンフレット(A3版) (PDF:577.0 KB )

MPN収納機関共同利用センター パンフレット(A4版) (PDF:271.3 KB )

導入事例

事例紹介