• 民間(一般)
  • 公共
  • 金融・保険
  • 医療

SaaS型ウェブサイト改ざん検知復旧ソリューション「WebARGUS SaaS」

ウェブサイトの改ざんを瞬時に見つけ、改ざんとほぼ同時にサイトを修復するセキュリティソリューションである「WebARGUS」を、お客様の運用負担、費用負担を抑えたSaaS型サービスとしてご提供します。

導入のメリット

改ざん被害に遭遇したときの被害を最小限にします。

  • サイトの公開停止や復旧、影響範囲の特定・推測など改ざん被害時にかかる企業の負担を軽減します。
  • 改ざんされたサイトを通じたウィルス感染など、被害を最小限にとどめることが可能です。

特徴

瞬間検知・瞬間復旧

ファイル・ディレクトリが改ざんされたときに発生する”OSイベント”を直接監視しているため、改ざん検知から復旧までのタイムラグがほとんどありません。

高度な検知機能

「電子署名」技術を駆使した高精度の改ざん検知を搭載し、ウェブサーバ内ほぼすべてのファイル・ディレクトリに対する操作を監視対象としているため、正規ユーザになりすました改ざんや内部犯行、防御が困難な新手の手口(ゼロデイ攻撃)に対応することができます。

CPU負荷1%未満

通常監視時(OSイベントの発生していない状態)のウェブサーバへのCPU負荷(使用率)は1%未満のため、既存環境への負担を心配せずに利用可能です。

概要図

画像を押すと拡大します

SaaS型のメリット

短期間での利用開始が可能

弊社データセンター上のマネージャサーバでエージェントを管理します。お客様側でマネージャサーバをご用意する必要がありません。

お客様はエージェントソフトウェアをインストールし、監視するフォルダを設定するだけで、サービスの開始が可能です。

サイト毎の制御が可能

同一のサーバで公開しているサイト毎の制御が可能です。通常型ではサーバ単位の制御となります。

段階を経た運用が可能

導入当初は復旧は行わない「検知モード」で運用し、自社・委託先で行うサイト更新作業など、運用上問題が無いことを確認したのち、「復旧モード」で運用する、などお客様の状況に合わせた柔軟な運用が可能です。通常型よりモードの切り替えが容易に行えます。

価格

  • 初期費用:50,000円
  • 月額費用:35,000円 / 月 ( 1 Agent あたり )

※WebARGUS(ウェブアルゴス)はデジタル・インフォメーション株式会社の登録商標です。

開発元ホームページ : https://www.webargus.com/

  

資料ダウンロード

SaaS型ウェブサイト改ざん検知復旧ソリューション「WebARGUS SaaS」パンフレット (PDF:1.2 MB )